アイキャッチ画像

インプラント治療
インプラント治療は歯がないところにチタン製の人工歯根を埋め、その上に人工の歯をかぶせることで機能を回復する自費診療です。
インプラント治療は、体にとって異物なので、長期に渡って安定的に機能するためにはしっかりと した診断のもと、慎重な治療計画を立案する必要があります。
安全にインプラント治療を行うためには以下の3つのポイントが必要です。

1.信頼できるインプラントメーカーの選択
安全に安心して受けていただくためにも、信頼できる実績と歴史を持ったインプラントメーカーのインプラントを使用します。 当院で使用するインプラント は、世界トップクラスのインプラントメーカーであるスイスのStraumann社と、国産インプラントで長い歴史と信頼性を誇る京セラ社のインプラントを採用しています。

イメージ

2.歯科用CTを用いた治療計画・計画通りの角度と深さにインプラントを埋入すること
CTデータと連携したシミュレーションソフトにより、念密な治療計画を立てます。インプラント 治療では顎の骨に専用のドリルで穴を開けてインプラントを埋入します。この時に計画通りの角 度と深さにインプラントを埋入することが大切です。当院ではドリルの角度と深さを固定するた めに患者さん一人一人のデジタルデータから作成したガイドと呼ばれるマウスピースを作成し、計 画通りの治療を実現し安全性の高いインプラント治療を行います。

イメージ

3.定期的なメンテナンス(自費診療)
インプラント治療はその後のメンテナンスが一番重要です。インプラントをより長く機能させ、患者さんの生活をより豊かにするために、当院でインプラント治療を受けた患者さんには状況に応じて3ヶ月から6ヶ月ごとにメインテナンス(自費診療)を受けていただいています。これを受けていただけない患者さんに対して、当院ではインプラント治療を提供しておりません。

イメージ

4.安心の長期保証
当院のインプラント治療は、万が一の状況にも患者様が安心できる10年保証制度を設けておりま す。

イメージ
boder